おかげさまで預かり犬すべてに里親さんが決まりました。
心より感謝するとともに、お礼申し上げます。

CSS Drop Down Menu by PureCSSMenu.com


 ← 来年もよろしくお願いいたします。~アスカ版~ | TOP | 「まりも」が天国に逝きました


 
     足跡コメント

  記事に関係なく、ご意見やお問い合わせ等なんでもコメントを残して行って
  下さいね。
  コメントの投稿は「こちら」から・・・。



 ENTRY 

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)--:--
カテゴリ:スポンサー広告 Comment(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1クリック↴ご協力お願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 
-------------------------------------------------------------
★拍手をしてコメントを残して頂いた方へのお返事させていただいております。「こちら」からご確認ください。
また、応援のお言葉よろしくお願いしま~す。v(=∩_∩=)


[--.--.--(--) --:--] [この記事を編集]
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 「まりも」の死に伴って・・・ 

2011年12月27日 ()00:53
カテゴリ:アスカ&まりもの日記

ぽっかりと空いた空間を補えないまま毎日が過ぎて行ってますが、先日日本レスキューさんの方へも報告と、まりもに携わってくださっていた方々へのお礼の連絡をしました。

レスキューさんとは、先日里親募集させていただいたミックス仔犬の件で連絡を取ったばかりで、その時も
「まりもは元気ですか~」と気遣ってくださって、
「元気ですよ~」とお話ししたばかりだったので、びっくりされていました。


「やはり、40匹の子は・・・」

という話になってしまったんですが、こちらで把握しているだけですが、5匹の子たちが「突然死」という経路をたどってきています。

40匹わんこの子たちは、元飼い主がフィラリアの投薬をされていなかったので、ほとんどがフィラリアにかかっています。

まりももその中の1匹ですが、フィラリアにかかってしまったからといってすぐに死に至るわけではなく、上手く付き合っていけば、長く生きていける場合もあります。

しかし、それがうまくいかず、様々な症状を発症することもあるようです。

症状は


○心不全

○腹水が溜まって来る

○てんかんの様な発作を起こすようになる

○食欲もあり、たくさん食べているにもかかわらず、体重が減ってくる


などがあるようです。

まりもの場合は、死因が心不全かどうかはわかりませんが、てんかんの様な発作もありましたし、体重が減ってはいませんが、食べても食べても体重が増えませんでした。

ここまでわかっていてなぜ防げなっかのか・・・
自分を責めるしかないです。

フィラリア陽性の子でも安全に飲める「モキシデック」というお薬も飲んでいました。
体重は減りはしなかったけど、現状維持状態でした。

・・・いいわけですよね。


・・・・とレスキュー協会の方とお話をいろいろさせていただいてたんですが、その中で

「レスキュー協会さんの方から巣立っていった40匹わんこの里親様方に、まりもの報告とこのような症状が出たら注意してくださいという連絡をさせていただいてもよろしいでしょうか?」


というお伺いをいただきました。


もちろん、「そうしてください」と言いました。

闘病生活も辛いですけど、さっきまで元気だった子がいきなり死に至ってしまうのも耐え難いです。


日本レスキュー協会から巣立っていった子の里親様には直接レスキュー協会さんから連絡が入ると思いますが、このブログを見ていただいている里親様にはここに記したいと思います。


全ての子にこの症状が出るわけではないし、元気に生活している子がほとんどだと思います。(そう願いたいです。)

心臓に入り込んだフィラリアの成虫は、5年前後生きて出産を繰り返すそうです。

モキシデックという駆除薬は成虫を駆除しません。

現在フィラリアのお薬を飲んでいることが前提ですが、その成虫が死滅してしまうまでは注意してあげてください。

里親会が3年前ですので、あと2年間ほどです。


こういうことははやっちさんの方が詳しくご存じだと思いますので補足・修正があればお願いしますね。
(;^_^A アセアセ・・・











この記事のコメント(5件)を見る



1クリック↴ご協力お願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 
-------------------------------------------------------------
★拍手をしてコメントを残して頂いた方へのお返事させていただいております。「こちら」からご確認ください。
また、応援のお言葉よろしくお願いしま~す。v(=∩_∩=)


[2011.12.27(Tue) 00:53] [この記事を編集]
アスカ&まりもの日記Trackback(0) | Comments(5)
↑TOPへ


COMMENT

by チル
突然の訃報に茫然となってしまいました。
まりもちゃんのご冥福をお祈り致します。
保護犬はフィライリア罹患が多いですね…
この記事は、非常にショックでした。

我が家のシロも放浪犬でしたからフィラリア重症です。
フィラリアは血中を泳ぐ糸虫で、心臓弁に絡みついて心停止させたり、血栓が詰まる肺梗塞や心不全などを起こすと言われています。
シロもすでに心室に入り込んでいる糸虫により急変がある可能性が高いことを指摘されています。
駆虫薬と同時に、抗生物質を飲んで糸虫を弱らせ、ヒ素系の注射をする根治治療があります。
8月に2本注射をして数を減らすことはできたようです。根治を目指し1月から3本注射をする予定です。
注射や服薬で糸虫が死んだ場合、血中に死骸が流れるので血栓ができやすくなり、詰まると肺梗塞や心筋梗塞などが起こる危険性もあります。
筋肉注射はかなりの痛みを伴う様子で、シロは注射直後にショックを起こしました…。
それでも、根治治療の注射があるので再度挑戦します。
こうした根治治療に踏み切るのは苦渋の決断ですが、まだ若い犬で腎臓や肝臓の機能が正常であれば根治の可能性もあるそうです。
共にフィラリア治療を頑張りましょう。

by ぺえた
まりもちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
少し気持ちは落ち着いてきたでしょうか?

私もリュカを保護したときに、保護活動をしている方から、放浪してた子は突然なくなることがあると聞きました。
まりもちゃん達はそれだけ悪い環境にいたんですね。
残された40匹わんこの仲間達が、長生きできますように・・・。

フィラリアについて by はやっち
年末に宿題(?)をもらってしまったのに、なんやかやで年を越し、もう5日になってしまいましたv-393

フィラリアは慢性症状と急性症状がありますが、急性症状の場合、心雑音などないことも多く、事前に把握するのは難しいと言われました。
普段フィラリアの成虫は肺動脈の奥のほうにいて、そこにいる場合、特に問題はないのだそうです。それが何らかの理由で心臓に移動してきて弁に絡んだりした場合に、急性症状を起こして亡くなるようです。なぜ移動してしまうかは、やはりわからないことが多いようですが、幾つか理由として、寒さやストレス、急激な運動などがあると聞きました。若い子ほど急激な運動をすることが多いので、急に亡くなるのも若い子ほど多いとか。

ぶちもやはりフィラリア陽性で、以前はモモゴンさんの書かれているモキシデックを飲ませていました。でも病院をかえたおととしの春からは、カルドメックをやっています。新しい病院の先生によると、モキシデックは成虫に何の作用もしないので、陽性の子に飲ませるのに安全は安全だけど、成虫が寿命を迎えるまで待っていなければならないそうです。一方カルドメックは成虫にも作用するので、5年ほどの成虫が2~3年ほどでいなくなるとのこと。先生が診察しているワンコもカルドメックを飲んで、みんな2~3年で陰転しているとのことでした。
ぶちにモキシデックをやり始めるとき(つまり犬生最初のフィラリア投薬のとき)、ショック症状を抑えるためにステロイドを一緒に内服させましたが、カルドメックに変えたときも、やはりショック症状が出ないように、ステロイドを飲ませました。でも最初のときにショックが出なければあとはステロイドはいらないので、今はぶちは毎月カルドメックチュアブルだけを食べています。
もちろんカルドメックはモキシデックよりフィラリア陽性の犬には負担があるはずなので、この文を読んでかえたいと思った方は、かかりつけの先生にご相談くださいねe-376
ぶちはおととしの春にカルドメックにかえたので、昨年陰転していないかと思っていたのですが、まだ陽性でした。でも今年こそは陰転しているのではないかと期待していますv-421

チルさんへ by はやっち
突然死した40匹ワンコ5匹のうち、私が預かっていたミミだけがフィラリア以外の原因で亡くなりましたが、あとの子ははっきりした原因はもちろんわからないのですが、みんなそれまで元気だった子が数時間で亡くなっているので、フィラリアの急性症状だったのではないかと思っています。

私の把握している40匹ワンコは、フィラリアが陽性とはいえ、毎月の予防薬投薬で陰転を待っていられる軽さなのが幸いですが、シロちゃんは既に心室に成虫が入っているということで、のんびりした治療は無理ですね。ヒ素の注射はしばらく安静も必要だし、体への負担も大きいので心配ですよね。

でも私が中学生のときに飼っていたワンコもヒ素注射でフィラリアが完治しましたし、以前私が保護したワンコも、里親さんがヒ素で根治治療してくださったようです。
シロちゃんも2度目の治療で根治できるよう、お祈りしていますv-421

ぺえたさんへ by はやっち
私がコメントさせていただくのも変かとは思ったのですが、まりもちゃんへのお悔やみ、ありがとうございます。

やはり放浪していた子は突然死することがあるんですねv-409
40匹ワンコは放浪しているわけでなないし、餌ももらえていたけど、つなぎっぱなしで散歩も連れて行ってもらえず、フィラリアはもちろん狂犬病もワクチンもされていない状態だったので、衛生的には放浪していた子たちとさほど変わらなかったのではないかと思います。犬小屋の下ではウジ虫がわいていたような場所でしたからねv-399

コメントを閉じる▲

 ← 来年もよろしくお願いいたします。~アスカ版~ | TOP | 「まりも」が天国に逝きました

COMMENT

突然の訃報に茫然となってしまいました。
まりもちゃんのご冥福をお祈り致します。
保護犬はフィライリア罹患が多いですね…
この記事は、非常にショックでした。

我が家のシロも放浪犬でしたからフィラリア重症です。
フィラリアは血中を泳ぐ糸虫で、心臓弁に絡みついて心停止させたり、血栓が詰まる肺梗塞や心不全などを起こすと言われています。
シロもすでに心室に入り込んでいる糸虫により急変がある可能性が高いことを指摘されています。
駆虫薬と同時に、抗生物質を飲んで糸虫を弱らせ、ヒ素系の注射をする根治治療があります。
8月に2本注射をして数を減らすことはできたようです。根治を目指し1月から3本注射をする予定です。
注射や服薬で糸虫が死んだ場合、血中に死骸が流れるので血栓ができやすくなり、詰まると肺梗塞や心筋梗塞などが起こる危険性もあります。
筋肉注射はかなりの痛みを伴う様子で、シロは注射直後にショックを起こしました…。
それでも、根治治療の注射があるので再度挑戦します。
こうした根治治療に踏み切るのは苦渋の決断ですが、まだ若い犬で腎臓や肝臓の機能が正常であれば根治の可能性もあるそうです。
共にフィラリア治療を頑張りましょう。
[ 2011.12.28(Wed) 00:26]  |  チル #LKe1HGjQ | コメント編集 |

まりもちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
少し気持ちは落ち着いてきたでしょうか?

私もリュカを保護したときに、保護活動をしている方から、放浪してた子は突然なくなることがあると聞きました。
まりもちゃん達はそれだけ悪い環境にいたんですね。
残された40匹わんこの仲間達が、長生きできますように・・・。
[ 2011.12.30(Fri) 20:47]  |  ぺえた #- | コメント編集 |

年末に宿題(?)をもらってしまったのに、なんやかやで年を越し、もう5日になってしまいましたv-393

フィラリアは慢性症状と急性症状がありますが、急性症状の場合、心雑音などないことも多く、事前に把握するのは難しいと言われました。
普段フィラリアの成虫は肺動脈の奥のほうにいて、そこにいる場合、特に問題はないのだそうです。それが何らかの理由で心臓に移動してきて弁に絡んだりした場合に、急性症状を起こして亡くなるようです。なぜ移動してしまうかは、やはりわからないことが多いようですが、幾つか理由として、寒さやストレス、急激な運動などがあると聞きました。若い子ほど急激な運動をすることが多いので、急に亡くなるのも若い子ほど多いとか。

ぶちもやはりフィラリア陽性で、以前はモモゴンさんの書かれているモキシデックを飲ませていました。でも病院をかえたおととしの春からは、カルドメックをやっています。新しい病院の先生によると、モキシデックは成虫に何の作用もしないので、陽性の子に飲ませるのに安全は安全だけど、成虫が寿命を迎えるまで待っていなければならないそうです。一方カルドメックは成虫にも作用するので、5年ほどの成虫が2~3年ほどでいなくなるとのこと。先生が診察しているワンコもカルドメックを飲んで、みんな2~3年で陰転しているとのことでした。
ぶちにモキシデックをやり始めるとき(つまり犬生最初のフィラリア投薬のとき)、ショック症状を抑えるためにステロイドを一緒に内服させましたが、カルドメックに変えたときも、やはりショック症状が出ないように、ステロイドを飲ませました。でも最初のときにショックが出なければあとはステロイドはいらないので、今はぶちは毎月カルドメックチュアブルだけを食べています。
もちろんカルドメックはモキシデックよりフィラリア陽性の犬には負担があるはずなので、この文を読んでかえたいと思った方は、かかりつけの先生にご相談くださいねe-376
ぶちはおととしの春にカルドメックにかえたので、昨年陰転していないかと思っていたのですが、まだ陽性でした。でも今年こそは陰転しているのではないかと期待していますv-421
[ 2012.01.05(Thu) 13:18]  |  はやっち #bBmFigmc | コメント編集 |

突然死した40匹ワンコ5匹のうち、私が預かっていたミミだけがフィラリア以外の原因で亡くなりましたが、あとの子ははっきりした原因はもちろんわからないのですが、みんなそれまで元気だった子が数時間で亡くなっているので、フィラリアの急性症状だったのではないかと思っています。

私の把握している40匹ワンコは、フィラリアが陽性とはいえ、毎月の予防薬投薬で陰転を待っていられる軽さなのが幸いですが、シロちゃんは既に心室に成虫が入っているということで、のんびりした治療は無理ですね。ヒ素の注射はしばらく安静も必要だし、体への負担も大きいので心配ですよね。

でも私が中学生のときに飼っていたワンコもヒ素注射でフィラリアが完治しましたし、以前私が保護したワンコも、里親さんがヒ素で根治治療してくださったようです。
シロちゃんも2度目の治療で根治できるよう、お祈りしていますv-421
[ 2012.01.05(Thu) 13:32]  |  はやっち #bBmFigmc | コメント編集 |

私がコメントさせていただくのも変かとは思ったのですが、まりもちゃんへのお悔やみ、ありがとうございます。

やはり放浪していた子は突然死することがあるんですねv-409
40匹ワンコは放浪しているわけでなないし、餌ももらえていたけど、つなぎっぱなしで散歩も連れて行ってもらえず、フィラリアはもちろん狂犬病もワクチンもされていない状態だったので、衛生的には放浪していた子たちとさほど変わらなかったのではないかと思います。犬小屋の下ではウジ虫がわいていたような場所でしたからねv-399
[ 2012.01.05(Thu) 13:39]  |  はやっち #bBmFigmc | コメント編集 |

コメント書き込み















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://fosterparent.blog92.fc2.com/tb.php/456-b7af833c
 ← 来年もよろしくお願いいたします。~アスカ版~ | TOP | 「まりも」が天国に逝きました